読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

タッキー&翼(と言いつつほぼ今井さん)について1人語りするところです☆

翼くんマリウス番宣露出 総括

只今絶賛公演中の音楽劇『マリウス』、日比谷は日生劇場にて毎日上演されているので皆さん行かれてみては如何でしょうか。お子さんや大切な恋人がいる方、自分の家族と離れて暮らしている方、いつも変わらない日常に鬱々としている方、親の小言に嫌気が差している方、春から新生活を始める方、人生ドン底を味わっている方、どんな方にも共感出来る一場面があり、見方によっては滑稽で不器用でもどかしい人間模様が、実はそれぞれ大切な人を想うが故の行動であったりして、観るたびに新しい気付きがある。そんな不思議な魅力を持つ舞台。さてそんな素敵な舞台の宣伝に忙しく奔走した今井さん。今回は本当に過去最大級の露出ラッシュとなり全国の今井ファンには慣れない緻密なスケジュール管理が求められたように思う。2017年もまだ3カ月しか終わっていないが既に昨年1年間でのTV出演回数を上回っているのは確実。と言う事はマリウスが終わったらまた週に一度のラジオで生存確認をする日々に戻るわけで、今が異常なのか普段が露出無さすぎなのか分からなくなってくる。そんな分析は置いておいて、以下に出演番組をざっくりまとめてみた。

 

2017年1月19日 和風総本家

2017年1月31日 中居正広のミになる図書館

2017年2月4日 日立世界ふしぎ発見!

2017年2月6日 PON!

                        ヒルナンデス!

                         有吉ゼミ  

                         世界まる見え!TV特捜部

2017年2月7日 林修今でしょ!講座

2017年2月10日 超問!真実か?ウソか?

2017年2月11日 もしもツアーズ

2017年2月13日 ヒルナンデス!

2017年2月15日 TOKIOカケル

2017年2月22日世界の何だコレ!?ミステリー

                         ナカイの窓

2017年2月25日 王様のブランチ

2017年3月2日  首都圏ネットワーク

2017年3月4日  ぷっすま

                          世界一受けたい授業

2017年3月7日  めざましジャンケン

2017年3月8日  NHKニュース おはよう日本

2017年3月19日  KinKi Kidsのブンブブーン

 

これ以外にも雑誌や一般紙にも掲載され、正直ついていけてなかったのが現状である。この露出の多さは山田監督の舞台だから?それとも主演だから?そこらへんの事情は分からないけれど、動く今井さんを茶の間で観れるだけで有難い。TV番組にレギュラーをもつタレントを応援している方には分からない感覚だと思うけど、今井さんがTVに出演する事は翼ファンの私にとって本当に楽しみで、その日は朝からワクワクして、嫌な仕事もなんなくこなせたり疲労感も忘れてしまったりまるで子どものようにはしゃいでしまう。衣装は?髪型は?髭は?体型は?いつも違う出で立ちの今井さんに狂喜乱舞し、何度もリピしてニヤける夜。今回のラッシュも例外で無く、ただ余りに多かったので追いつかなかった部分もある。改めてじっくり観たい番組もあるし、ぶんぶぶんはまだお預け状態。笑う翼くん、小ボケかます翼くん、礼儀正しい翼くん、話が長くなっちゃう翼くん、キラキラお目目の翼くん、たくさんの新しい翼くんに会えて嬉しかった。だけど振り返ってみると、踊ったのは覆面でだけ。舞台の宣伝だもの、当たり前なんだけどいつかやっぱり歌って踊る翼くんを茶の間で観たい。こうやってすぐ贅沢言っちゃうんだよね…今は、全身全霊マリウス!!翼くん、お芝居に磨きをかけて、たくさん頭を使ったらまた一層内面から滲み出る魅力が増すと思うよ。舞台が終わったらゆっくり録画を観直そう。好きな時に好きなだけ拝めるなんて、本当に幸せ。マリウスもカメラ入らないかなぁ…BSでもCSでもいいから、いつか放送して欲しいなぁ。あ、これも贅沢かしら?いやいや、言霊って大事。翼くん、今日もマリウスの成功を祈っています☆

 

2017年3月16日 昼公演 と『裏マリウス』

*後半から一部ネタバレありますので回避されたい方はご注意下さい。

 

朝から晴天の今日は、いつもお世話になりっぱなしの方との観劇日。当初行く気がなかったもののたまたまNHK山田洋次監督のインタビューとマリウスの稽古風景を見て「楽しそうだから行きたい」と言ってくれて有り難や。番宣も局と番組選びって大事なんだなぁと実感してしまった。

 

平日の昼間と言う事もあってか、年齢層は今までで1番高め、夫婦での観劇が目立った。客層が違うと笑いのツボも微妙にズレてまた楽しい。役者の皆さんも日々反響が違うと楽しそうで、成る程舞台は観客が入って初めて完成するとはうまく言ったものだなぁと思う。そして色々なお客様を観察するのも楽しみの1つになったり。

 マリウス翼は拝見する度にマリウスらしくなり、言葉1つとっても言い回しが自然になっていたり表情も豊かになって驚かされる。翼くんて、何となく頼りなくフラーっと居なくなる雰囲気が役にピッタリだと思っていたけれど演じれば演じる程マリウスと重なって、本当に何処か遠い所へ行ってしまうんじゃないかと心配になる。マリウスが終わったら何処へ向かうのだろう…あ、運動会か。それはそれで心配…ドジっ子インドア男子…。

 

同行したnotジャニヲタ、not翼ファンに感想を聞くと思いの外好評だった。

「1番印象的なのは、憧れのアンダルシアを表現するフラメンコ。マリウスの憧れがとても上手く表現出来ていて素晴らしかった。翼くん貫禄ついたね。主演の風格漂ってGOEMONの時とは違うね。実力者俳優にも全然のまれてなかったし、舞台が良く似合う人だと思う。話的には泣けなかったけど、フラメンコは素晴らしかった。上半身が全くブレないで本当に見事だったわ」そう言われて嬉しかった事!今日1番泣きそうだったわ。

そしてファニーが「あの人、私と結婚してから唯の一度も私の身体に触れていないの」とドヤっと要らぬ情報をマリウスにチクり自身の潔白を晴らした性悪小悪魔女子の顔を覗かせた瞬間、観客のおじさま達が〝ウソッ〟とどよめいたのが本日のマイベストオブ「マリウス」だった。しかしファニーは頭が良いよね、マリウスは色男だけどあんなにフラフラしてたら結婚なんて不向きだもん。結局夫公認の心の恋人がいて、経済的に困らないうえ愛する人の子を産んだ。それを言ったらパニスだっておひとりさまの寂しい老後を迎える事もなく、若い奥さんと跡取り息子が出来て良かった。マリウスだって自身の夢を叶え、DNAは後世へ受け継がれた。養育費ナシで。WIN WIN WINですね!ただ個人的にはファニーみたいな女には共感出来ない。全部人のせいなんだもの。〝私は〟から始まる言葉が無くて、何処までも受け身で。2017年の東京に生きる私には理解不能。それからついでにもう一つ言いたいんだけど、子どもには情愛も必要だけどDNAも大切よ。俺は命をやったと言ったマリウス。人間は考える事が出来るから、それって実は1番重いと思っている。どんなに周りが愛情注いでも、実の親はその子の根源であり、子が自分のルーツを知りたくなるのは当たり前の事。私の子どもは父親を知らないから、この手の話は結構しんどい。まさに最近「パパは私が生まれるって分かっていたのに、私より大切なものが出来ていなくなるなんて、どおして??って思っていたけれど、世の中にはそんな事もあるのかなって思えたの」と言われたばかりでまぁ辛い2017の春である。

翼くん、私はまだ〝生きてる事って素晴らしい〟とまで思えないみたい。もうちょい観劇回数重ねたら、山田洋次監督の真意がわかるのかしら。というか、人生に正解はひとつじゃないのよねきっと。そもそも人生語れるほど生きてないし。

 

劇場を出て駅までの道を歩きながらそこかしこにあるエンターテイメントのポスターに目が行く。大都会東京にはいくつもの劇場があり、映画館もあり、なんでも揃う平和な街。その一角では大好きな方が主演舞台で人々を楽しませている現実。選択肢の多い環境で『マリウス』を選んで足を運ぶ観客のなんと有難い事か!私、明日も行きたい。あ、仕事だったーーー。

冷静な人間からみた冷静じゃ無い私

日生劇場にて絶賛公演中の音楽劇『マリウス』も開幕から1週間が経過、疲れが溜まってきた今日この頃。(私は出演していない)

マリウス今井ツバサが素晴らしすぎて1人でも多くの方に観てもらいたいと熱い想いが迸り、つい今井さんの素晴らしさを熱弁してしまう自分がいた。実生活で暑苦しく語る必要のないようにこのブログを設けたのに完全に意味を成していない。

相変わらず今井さんに興味のない人を駄目元で誘うと「1000円立ち見席とかないの?」と返ってきた。うんうんあるわけ無いよね。突っ込む前に「3時間も立ちっぱなしなんて腰が痛くて無理よぉ」と横ヤリが入った。そうゆう問題でも無い。「次いつ行くの?」と聞かれたので「9日。その後12日」と答えたら「それもうシフトじゃん。副業じゃん」と言われた。副業どころかS席いくらと思っているのか。「歌舞伎の返金があるから観劇日増やせるの」とヘラヘラ言ったら「宝くじ当たったみたいなノリで言うのやめろ」と呆れられた。

ネットニュースでゲネの記事を読んだ後輩が恐る恐る「一応確認なんですけど、今井さん…写真写ってなかった…ですよね?」と聞いてきた。うんあれ林家正蔵だし柄本明だしなんなら洋次だし。「ですよね?良かった!」って良くないし。いつの間にやら〝ツバトラ〟なるニックネームも付けられる始末。違うの、寅さんじゃなくてどっちかと言うと博なの。そう言うと「あぁ、さくらの旦那かぃ?」とご近所さん的なノリで言われた。知り合いか!終いにはツバメンコをトラメンコとか言われて困惑。もはや翼要素ゼロ。何度言っても〝マリノス〟と言われるのはワザトとしか思えない。横浜か!たまに〝マリリウス〟に進化しててポケモンか!「〝なんとか翼〟がNHKに出てたわよ」って今更のもしかしたらキャプテンの方かなって思わせるボケは要らない。〝い〟と〝い〟の間に〝ま〟が入るだけだから覚えて欲しい。「滝ちゃんいつ来るって?」ってまるでお友達の予定を聞く温度で言われて辛い。〝都合付いたら私も会いたい〟的なノリで馴れ馴れしい。私は滝沢さんと繋がってない。「で、ツバトラちゃんは毎回変化あるの?」と聞かれるんだけど、まぁもうツバトラでもシバトラでもいいんだけど、というかマリウスなんだけど、何度も入る私を新人類のように扱うのはどうかと思う。「大前提として、際限無く今井さんを観ていたい。そして、今井さんが1番喜ぶのは席が埋まる事であり、お金を落とす事。」そう熱弁すると「乙女かと思ったらそこはシビアだね」と言われた。そりゃそうよ、アイドルは人気商売だもの。正直今井さんを応援するにはこんな長文ブログ書くよりチケット買う方がいいに決まってるわ。それに、貢げる時に貢ぎたい。気が付いたらお金じゃ解決出来ない程物理的に会えなくなってた…なんて事も可能性としてはあると思う。もう一度言うけど、理屈抜きで毎日観たい。もう日生劇場に住みたい。そう話すと納得したようで、「ここまで好きなら貫き通して欲しい、今井翼への愛」と急に重い注文が入った。「あのね、とにかく言いたいのは今日の翼くんには今日しか会えないのって事」と言ったら「冷静じゃないアンタも今しか見れないからよく見とく」と返された。今井さんに冷静な人が今井さんに冷静でいられない私を何気ない日常のちょっとしたスパイスにしていて、あぁこんな残念なヲタクでも誰かを楽しませる事が出来るのかなって感じて胸熱になってる。〝今井さんを好きな私〟に色々辛辣なコメントを投げ掛けてくる人たちはきっともう今井さんの事も好きだと思う。ねぇみんな、マリウス観に行ったらいいのに。今井さんって生で見るとTVの1000倍カッコいいのよ?しかもお歌もビックリする程上手だし、あの低音イケボで心臓が震えると思う。フラメンコなんて呼吸が止まるほど美しいし、演技も想像以上に魅せてくれる。今井さんの良さは見たら分かるわ!!もう私、彼以外では満足出来ない。あんなに私を高揚させて、心躍る時間をくれるのは世界中何処を探したって彼しかいない。

 

3月27日まで、東京は日生劇場にて公演中の音楽劇「マリウス」。春の陽気に誘われて今井さんに会いに行っては如何?ちょっとビックリする程素晴らしいから!

2017年3月9日 夜公演 音楽劇『マリウス』

〝今日私、早退します。〟

 

まるで何かのキャッチコピーみたいな決めセリフを心の中で唱えた。ニヤける口元はマスクで隠し、顔色ひとつ変えず働いているつもりの私に先輩が近づく。「何?もうアンタの3月始まったの?」しぇ!、シェンぱい相変わらず勘が鋭いんですね。でも仕方ないんです。今井さんがマリウスぶっててイケメンオーラで「ファニィィィー!!」って呼んでるんです。あ、もう私ファニーなのかなって思うくらい可愛いオイラのあの娘☆に夢中な彼が、今や立派なバンダナ男子のマリウス翼が、何とも形容し難い素晴らしいフラメンコとか踊るんです。当たり前のようにシャツのボタンを外す様や、乱れる前髪の奥から見え隠れするアーモンドeyesにウッカリ夢中になっちゃってエヘヘ。

という気持ちを込めて「私用で早退します」とビジネストーク。今日の私には大切なミッションがあった。二階のA席とB席に座ってみたい。GC階にも行ってみたい。開場と同時に中に入り、気持ちに余裕をもって臨みたい。そんな理想を掲げたものの、予定時刻に退社出来ず、お腹も空いたしとにかく眠いし電車は座れないしSuicaも忘れたしで嗚呼これも素晴らしきかな我が人生!と思ったり。しかも前回ドヤ顔全開で乗換え出来たゼ!なんて喜んでたけど地下鉄乗らなくても行けたんだねって気付いたりして。でも良かったよね2回目で気付けてウフフ。

 

さて2回目の観劇となり、少しは落ち着いて観られるかなぁと思ったんだけどそれがまぁ自分でもドン引きする程今井さんに見惚れて私病気なのかもしれないなって。隣に4,50代と思しき髭の男性がいらして。誰方のファンかしら?と思っていたらセザールが揺り椅子から起きた時低音で「ふぁおぉぉぉ…!」と唸ったからお前柄本明さん目当てかー!と直ぐに分かってまぁ楽しかった。で、その人が、もう明の友だちって言っちゃうけどその髭面黒縁メガネの明の友だちが、まぁ笑うの。すんごい笑って、下ネタには爆笑して、マリウスの朝帰りシーンもツボったみたいでまぁ爆笑。とにかく明の友だちが気になって仕方ないなとニヤケていたら反対側のお姉さまが、ずっと今井さんのファンと疑わなかったお姉さまが、まさかの田中利花さんのファンでして。クロディーヌが登場した瞬間野鳥の会になって。裸眼で十分な良席だったのに野鳥数えまくってた。え、今井さんじゃないの?って90度横向いた女は私です。利花が喋る度に声出して笑うから、もう明・翼・利花のファンが横一列で仲良く混在している事実が私のツボで。明の友だちがカテコのツバメンコに「おぉ〜」と漏らして〝これが今井翼です!!!〟と言いたくなった。一般枠の席だったからか、翼くんのファンより普通のオジ様が多かったのも新鮮だった。over60の男性が1人でいらしているのも目立って寅さん世代なのかなぁとか考えたりして。そしてそして、普通にいらした三浦の番長!野球選手は体格が良いのですぐに分かった。驚いたのはそのカッコよさ!番長、一気に好きになりました。今井さんもカテコでパッチリお目々をキョロキョロさせて、番長を見つけてニコニコ笑って可愛いの塊。まさに今井翼そのものだった瞬間も見れてお得な日であった。幕が降りる直前、番長目掛けてエア投球をする翼くんが無邪気な野球少年にしか見えなくて、翼くんの大切な人がこうして応援に来てくれると嬉しくなるなぁとしみじみ思ってしまった私は誰ですかね。

今日も泣いちゃったんだけど、ネタバレしつつの感想はまた後日。とにかく明と利花の友だちが本日の良い話大賞受賞。ロビーでパンフレットをまじまじみつめ「七五三掛龍也…!この子もジャニーズなのかな?」と話す年配の男性や、「プロは凄い…」と漏らす20代の男性や、「今井翼くん、今時の有りがちなガリガリ体型じゃなくて健康的でいいですね」と話す若い女性、たくさんの一般の方々に翼くんとしめちゃんの魅力が伝わった気がして勝手に誇らしくなった。あぁ幸せ。

 

f:id:yamato78:20170310000652j:plain

 

写真はロビーの壁に飾られていたもので、舞台から見た客席。翼くんにはこうやってみえているんだと思ったらずっと見ていたくなった1枚。

 

マリウス初日(ネタバレなし)

2017年3月6日月曜日午後17時40分、私は日生劇場に足を踏み入れた。心配だった乗換えも一度も間違えなかったゼ。ドヤ!

チケットを見せると正面にこじんまりとパンフレット売り場が設けられ、その左奥にはクロークと思われるサービスが。急いで入った為よく観察出来なかった。そしてどこかにファンレターboxが設置されていたが光の速度で階段を駆け上がった為、確認が雑で申し訳ない。場内に入ると曲線の可愛らしいフォルムの客席が広がった。そして座席のクッションが豪華で腰が痛くならなかった万歳。(演舞場比)一階下手側からの観劇となったが、これは2階席でも十分堪能出来るんじゃないかってくらい丁度良い空間であった。時間が無くて2階席まで確認に行けなかった自分がもどかしい。

現場でいつもパニックになるのは何故だろう。今回は人生で初めて舞台の初日に入る事が出来て、正直朝から何も手につかなかった。子守要員の母に「どうせ心ここに在らずなんだろうから何もしなくていいわよ」と有難いお言葉をいただき実の親の気遣いを鵜呑みにして本当に朝から洗濯以外しなかった。成人して一度は嫁に行った女とは思えない家事能力の低さ。唯一頼まれたアサリの砂抜きすら忘れそうで母親失格、 なんなら娘失格、そして主婦失格。チケットの日付を何度も確認して家を出たものの定期的に押し寄せる不安の波。もしかして私6と9を間違えてないかしら?と思ってバスでも取り出し電車でも取り出しもうこのまま落としてもおかしくないくらい出しては仕舞うを繰り返す。〝今開けたら落とすよ!帰って開けなさい!〟状態である。

 

話を場内に戻すと、暑い。あれは私だけだろうか?今井さんを生で拝んで高揚したから?今日の外気温とも関係するのかしら?とにかく次はもう少し薄手で行こうと思う。

 

ここからは勝手に恒例化した〝どこのお席が見やすいか選手権〟

今回今井さんは主役なもので、どこのお席でも堪能出来ると思われる。しかし簡単に言うと舞台の2/3がカフェのセット(上手)で、残り1/3が港(下手)なので強いて言えば上手寄りの方が見やすい…。かな?いや、でも私下手でも十分だったな(どっちやねん)基本的にはどこからでも主役が拝めるんだけど、マルセーユのカフェ店員として働くマリウスを観たいならやや上手、船乗りのマリウスを観たいならやや下手、で合ってるかなぁ。(雑)

 

もうこれ以上書いたらネタバレしてしまうので、本日はここまで。

色んな感情が生まれて、たくさん泣いて笑った舞台。今井さんのマリウスは不器用で真っ直ぐでヘタレで言うことは立派だけど情けなくて夢への情熱は熱くて2017年のTOKYOにいたらある種下衆い男だけど、人間誰しも完璧じゃないって事が伝わって、それはマリウスだけじゃ無く全ての登場人物と、そして私もおんなじなのかなって思わされた奥の深い物語。もうね、もう会いたくなって困る。更に痩せてMAXイケメン翼、その美しさに今日も釘付け。しめちゃん演じるプティも綺麗過ぎてとても労働者に見えない。陶器のような透き通る肌、瀧本美織ちゃんにも負けていなかった。プティちゃんは若くて可愛くて癒し系。そして美織ちゃんの可愛らしさは女の私も惚れそうな程。女優さんて凄い。

翼くん、まずは初日お疲れ様でした。カテコでの弾ける笑顔と真ん中での堂々とした振る舞いを見て感動した。好きが振り切れた。相変わらずチョロい私だけど、世界中の誰より幸せだと強く感じて私の中の大蔵省が解散した。取り敢えずチケット買い足そう…。金なんてどうにかなるよね???(なる!って誰か言って)その前に明日仕事行くの忘れないようにしなきゃね。