読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

キラキラ王子に導かれ

私は元々特定のタレントを好きになる事は無かった。最後に買ったCDは宇多田ヒカルのファーストアルバム。それも何故買ったのか覚えていないくらい音楽も聴かない。そんな私が思いっきりキラキラアイドル、タッキー&翼に堕ちた話をする。誰にも聞かれていないけれど、する。
それはあまりにも唐突で、衝撃的だった。それは2014年の秋。私はふと朝のWSで、タッキーを見た。どうやら相方の今井翼くんが病気でコンサート出場を見送ったようだった。我が家にはTVが無かった。でもその日は、TVを見れる環境にいた。今思えばそこからしてもう運命的だ。そこには大人になった超絶美しいアイドル、滝沢秀明がいた。まずその衰えないビジュアルにプロ意識の高さを感じた。私が記憶していたタッキーは魔女の条件辺りの若い時代。登場シーンが木の上だったり、最終回松嶋扮する教師に抱きつくところでは腹抱えて笑った。あんなに可愛かった滝沢秀明にも、当時は全く興味が無かった。それなのに。ほんの数秒、大人になったタッキーを見ただけで猛烈に頭の真ん中に入り込んで来た。そして、なにやら滝沢秀明が、相方今井翼の事を叫んでいた。「僕は今井翼が大好きです!」
『私の事は嫌いでもAKBの事は嫌いにならないでください!』くらい衝撃である。なになに?BL?いや、違う…滝沢秀明が少し深刻そう。いや、私はタッキーの表情からその心境を読み取る事なんて出来ない。ファンでもなんでも無かったから。しかしその時のタッキーは、なんと言うか…割と力強い言葉を発していたんだけど、なんだか壊れてしまいそうな程ギリギリな何かを感じた。その時はそれが何かなんて解らなかったけれど。
更に衝撃が続く。何やらファンが泣いていた。あの会場全体が、今井翼を必死に守っている集団だった。まぁ驚いた。落ち着け、いったい何があったのさ。だがその答えを知る前に話題は変わってしまった。私は猛烈に事の真相を知りたくなった。
それは Yahoo!ニュースが教えてくれた。それにしても、今井翼という名前の完璧さに、思わず活字に目を奪われた。滝沢秀明今井翼。う、美しい!完璧なお名前。
 今井翼が病気で入院、コンサートを欠席。その時私が得た情報はそれだけだった。いやでもどうにも納得いかない。それだけで済ませてはならないと猛烈に感じた。あの空間から感じ取った今井翼への愛、滝沢秀明という誰もが知るトップオブアイドルから感じ取る必死さ。今井翼って何者?私は何も解らなかった。誰かを猛烈に信じ支え応援した事が無かったから…