黙ってないで愚図ってないで

翼くん 時々タッキーの 話

ピザかパンか

私には1年以上前から欲しい物があった。デロンギコンベクションオーブンだ。あのオッシャレなやつ。我が家の家電事情は非常にプアで、キッチン家電も例外で無かった。オーブンレンジのオーブン機能を使用するともれなく煙が立ち込めるという非常事態が発生していたのだ。どうせならオーブンを、しかも本格的なやつを買おう、と決めていた。家でピザを焼くのが楽しみで仕方なかった私は、吟味に吟味を重ね、あとは購入資金を待つばかりであった。そんな時に、パン屋の情報が入ってきた。滝沢秀明主演『真夜中のパン屋さん』再放送である。ど、どうしよう、絶対にみたい!!滝沢さんのドラマなんて魔女の条件以来だ!何年前だ?わ〜みたい!でも、致命的な問題があった。そう、我が家にはTVが無い。当然録画HDDも。休日に家で自前のピザを作る夢と、最近好きになりたてのアイドルが主演するドラマ鑑賞と、どちらが優先されるべきかは説明するまでも無い。いそいそとTVを買いに行った。複数録画機能付きBlu-rayHDDもセットでカード一括払い。こんなに有意義な買物は何年ぶりだろう。財布はすっからかんになったが心は満たされた。しかし当初の予算より大幅にオーバーである。因みにあの時諦めたお洒落オーブンは1年半以上経過した今でも購入出来ておらず、相変わらずオーブン使用時には煙が立ち込めている。そしてついでに言っておくと、初めて録画した『真夜中のパン屋さん』はまだBlu-rayに焼く事なくHDDに入りっぱなしである。私のズボラ加減もひどいが、滝翼のTV露出がいかに少ないかよくわかる。
真夜中に再放送された『真夜中のパン屋さん』、当時私は朝早く起きて鑑賞した。何故かほぼ毎回泣いた。理由はわからないが、恐らく酷く疲れて病んでいたのだと思う。タッキー扮するパン屋のオーナー暮林さんがまた優しいお方で、現実味を帯びないところが滝沢秀明の空気感に非常に合っていた。私は、このドラマが好きである。ライブとはまた違う、穏やかな表情のタッキーが素敵だった。こうして家でTVを見る、というなんとも現代的な生活が始まった。それまで何をしていたのかというと、何もしていない。ズボラだからただボーッと毎日を過ごしていた。付け加えると、同じ頃携帯を機種変更した。安心だフォンからiPhoneへ。物凄いグレードが上がった。私のメカ対応力は滝翼のお陰でウナギのぼりである。人間本当に必要な時は何でも出来る。逆を言えばそれまではスマホもTVも必要無かった。1番喜んだのは友人達だろう。LINEなるアプリまで入手し、連絡が取りやすくなったらしい。ただしこのモバイル革命が滝翼のお陰とは口が裂けても言うまい。