読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

タッキー&翼(と言いつつほぼ今井さん)について1人語りするところです☆

曇りなき眼

まだまだ私の回想シーンが続きます。今井さん今、大人しくしてて時間あるから…ね…


それはある日突然に告知された。タッキー&翼ふたり旅ツアー開催決定である。よかった!あると信じシンガポール行かなかったのよ!!開催地を見ると、まぁ日本全国に行きますな。何処でもいい!いつでもいい!とにかく今井翼に会わないと!そう、この頃私は1人勝手に思い悩んでいた。今井翼くんがすき。とか言いながらまだ一度もお会いした事がなかった。そんなのでファンと言えるのか?いやだってお会い出来る機会ありまへんでしたがな。でも、やはりこの眼で!曇りなき眼で見るまでファンとは言えねぇな!と思ったわけだ。勝手に。
結果、広島行きのチケットを入手した。広島…遠い…でも、行く。仕事なんて私の代わりはいくらでもいる。今、今井さんに会わなけりゃ一生後悔する。お会い出来る時に行かなきゃただの大馬鹿もんだ。ということで、初ライブにして初地方遠征に挑んだ。ボッチ上等。勿論滝翼友達なんていない。私はSNS等に疎く、情報収集も下手だったが、とにかく現場に行った。感動は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きているんだ!…わー!ふ、古い…!
これまたビギナーズラックなのか、7列目という神席であった。ライブなんて人生初、ペンラを買ったもののどうすりゃいいの?手振り、出来ないよ?不安不安不安!
そしてその時は訪れた。タッキー&翼の登場である。もう、この時の衝撃。滝沢秀明の隣には今井翼がいた。今井翼の隣には滝沢秀明がいた。当たり前である。

でも本当に当たり前なんだろうか

それこそ何にも代えがたい最も奇跡的な光景に思えた。今井さんが動いた。踊った。笑った。歌った。煽った。喋った。その間、私は微動だにせず、瞬きもせずただ今井さんを見た。多分、ガン飛ばしてるようにしか見えなかったと思うけれど。夢のような時間はあっという間だった。手を伸ばせば触れるほどの距離に今井さんがいた。とても近い。と同時にとても遠かった。彼は紛れもなくスターだった。私が、生まれて初めて夢中になったアイドル。こんな感動する事がこの世にあったのか。広島でみた今井さんのお姿は今もくっきり脳裏に焼き付いている。そして、勿論滝沢さんのお姿もしっかりと。座長のお顔では無く、絶対的パートナーの横で堂々とデレているタッキー。楽しそうで、嬉しそうで、少年のようで。完全に気を許し合う2人。歌舞伎でのタッキーを見ていたからか、余計に今井さんの横に立つ姿が特別なものに見えた。まさに同士なんだと。そして、あの1人滝翼で頑張っていた滝沢さんの守りたいものが確実にそこにあり、大切な唯一の存在が今井さんであると強く感じた。この2人、生身の人間である。ミッキーとミニーでは無い。それがあんなに一体化して見えるものなのか?不思議。あの空気感は、長年寄り添い支え合ったからこそ出るものであると感じた。タッキー&翼、この2人、間違いなくプロのアイドルだった。
滝翼曲のお勉強もしていったつもりだが、一緒にライブを楽しもう!なんて余裕は無かった。今井さんの事、実際に見て想像以下だったらどうしよう…とか心配していた自分は本当に馬鹿だ。少しふくよかになった今井さんが、また人間味あり魅力倍増だった。
ライブ終演後、銀テが欲しくて銀テ長者に声を掛けた。その女性は、素敵な笑顔で「翼くん元気になって良かったですね!」と言いながら見知らぬ他人の私にテープを分けて下さった。どうして私が翼くん寄りと判ったのか、最初は不思議だった。でもそうじゃない。どちらかのファンでも今井さんが復帰した事は喜ばしい事だったのだ。

私、安藤さんだいすき!!

広島での体験は私の滝翼熱を加速させた。どうしよう、楽しい!嬉しい!大好き!!
そして広島と言えば、原爆ドームである。日本人なら一度は、いや、この現代に住む全ての人間は一度原爆資料館に行くべきだ。そして宮島。大鳥居。いや〜良かった。世界遺産最高。宮島で1人鹿に囲まれながらもみじ饅頭を食べた時、ジャニーズのデビュー組と世界遺産は間違いなく見に行く価値がある!と強く思った。そしてこの数時間後、タッキー&翼が宮島に降りたったとの情報を聞く事となる。ほら、近いようで遠い。憧れのキミにはそう簡単にお会い出来るわけではない。そんなところも最高じゃないか!