黙ってないで愚図ってないで

翼くん 時々タッキーの 話

ハンサムな彼女たち

2015年10月17日 、タッキー&翼新春コンサート開催が発表された。その日は今井さん34歳のお誕生日、ふたり旅滋賀でのサプライズだった。
私はお留守番組だった為、このお知らせに自宅で歓喜した。だって!会場が!


えっ!あの日滝沢さんがタッキー&翼を守ったあの会場!?(ここだけでは無いが)行きたい行きたい絶対に!私は2016年1月3日4日、正月早々連休をとった。大丈夫、大晦日も元日も働いたから。とにかく現場に行った。
アリーナは広かった。トイレ難民となり、オープニングを10秒くらい見逃すというなんとも不慣れな自分を恨んだ。あれよあれよと始まり、特攻服姿のお2人が登場した。お久しぶりですっ!お元気でしたかっ!今日も最高に素敵です!と脳内で唱えた。今井さんは広島より更にふくよかになっていた。でも、そんな事はどうでも良かった。それよりあの大音響と照明に、体調は大丈夫かしらと心配になった。ユメモも歌わないし、その後も所々歌わないし…あの時は色々と想いが脳裏を駆け巡った。でもさぁ、アリーナの滝翼、カッコよかったんだわ。タッキー&翼は2人なんですよ。Jr.が出てくるまで2人なの。ワチャワチャしてなくてイイ!小うるさいのが複数いても目で追えないし。今日も滝沢さんと今井さんのお2人です。贅沢。
好きな歌、あります。好きな演出、あります。でも今日は現場の安藤さん達に焦点を当てたい。滝翼も言っていた安藤さんのファンマナーの良さ。(まぁこれは釘を刺してるって意見にもやや賛同出来るが)風船も、銀テも、分け合う。なんなら団扇で風船二階まで扇いだりアタックしたりしてたもんね。あ、団扇の使い方、正しい!と心の中で突っ込んだわ。
優しいんです。でも、それは滝翼が自分たちのファンをそのように導いたからだと思う。ただファンの年齢層が高いからじゃない。実際、現場には老若男女いる。そして、マナーの悪い残念な大人って一般的にたくさんいるから。私が滝翼のファンになったのは、紛れもなく先輩安藤さん方の懐の深さあってのもの。諸先輩方にはいつもお世話になっている。皆さん、まず余裕がある(ように見える)。そして、強い(ように見える)。猛烈にカッコいい。私も滝沢さんと今井さんの名を汚すような振る舞いは出来ない。頑張るっっ!
そして今現在Blu-rayとなって我が家にもたらされた新春コンサート『YOUは何しに?タッキー&翼CONCERTそこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ』はあの時の高揚感を蘇らせ、絶賛今井さん不足中の私を励まし続けている。そして、このトンチキなネーミングのライブは、滝翼のお2人がジャニーさんに可愛がられている証しだと前向きに捉えながら今日もペンデュラム・ラヴを鬼リピする予定。