読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

タッキー&翼(と言いつつほぼ今井さん)について1人語りするところです☆

健・タッキー&翼ンド

今更ですが、今回は滝沢歌舞伎2016に共演して下さった三宅健さんの事を。三宅さんファンの全ての皆様、失礼があったら申し訳ありません。
 

2016年1月19日、11年目を迎える滝沢歌舞伎の記者会見が開かれた。我らが座長滝沢秀明さんのお隣には、V6三宅健さんが。ジャニ事に疎い私でも知っているV6さん。学校へ行こう!見てましたから!

そのキャスティングには驚いたものの、すぐに、期待へと変わった。だって後輩な滝沢さんを見れるなんて滅多にございませんこと。私は観劇前に三宅健さんリサーチを始めた。数々の雑誌で対談が組まれた。その全てを読んだわけでは無いが、私が三宅さんに抱いた印象は、『スタイリッシュ』であった。まず、あのビジュアル。滝翼ファンの私は、イケメンを見慣れている。そんじょそこらのイケメンには驚かない。いや、でもいました、滝沢さんの横に居ても見劣りしないお方。今井さん以外で!三宅さんお顔が小さい。軽く公開処刑になったりならなかったり。滝沢さんのお顔が大きいわけではない、しかし滝沢さんのお側には顔の特別小さいお方がよく来る。今井さんとか今井さんとか今井さんとか…
三宅さんが滝沢歌舞伎出演を快諾するまでのエピソードも良かった。2人とも、お仕事に真面目ですね。私真面目なお方大好き。
先輩である三宅さんが、「滝沢の舞台を通して現場での滝沢の在り方を学んで行きたい」とか、「滝沢の事、尊敬している」とかしれっと言っちゃうところも驚いたし、最高にカッコイイ。あとは、「Jr.とやるの初めてだし、簡単に人を信用出来ない」の一言がリアル。きっとかざらないお人柄なんでしょうね。個人的には昨年の共演者より好きです。だって、滝沢さんの事、褒めちぎったりしない。先輩だからかもしれないけれど。自由発言しつつも落ち着いた対談で、チャラくない。この年代のジャニーズが好きなのかも。そして、お洒落な三宅さん、今井さんもお洒落なんですが、系統が違ってらっしゃる。webで顔出しには驚きました。今井さんもお顔出してー!と叫んだ事はここだけの秘密。
 
昨年の歌舞伎より心の余裕が出来た事もあり、滝沢歌舞伎マイ初日は楽しみしか無かった。座長のよーいやさぁーは相変わらず美しかったし、Jr.のキレのある動きも若さ全開でエネルギーを貰った。そして、三宅さんの登場である。あれ?トンチキしてない!あの滝沢歌舞伎特有のおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさではなかった。スタイリッシュで独特のオーラを放つ三宅さんがいた。今井さんとも滝沢さんとも違う、初めての色だった。そりゃそうだ、私タッキー&翼しかみてないもの。そう思うと今回の健タッキー歌舞伎は新鮮だった。ファンを飽きさせない滝沢座長の演出力にやられた。三宅さん、滝沢歌舞伎に出演してくださりありがとうございました。1日も早い怪我の回復をお祈りしています。
 
そして私は思う。三宅担の方々が滝様に「健くんを守ってくれてありがとう!」と言ってくださった。しかし本当のところ、タッキーに守られてくれた健くんの方が一枚上手で、滝沢さんが背中に背負ってる重い荷物をひょいと持ち上げバラして少し腰掛ける場所を作ってくれていた事を。先輩って有難い。若くして貫禄がついてしまった滝沢さん、きっと共演するジャニタレは扱いにくいと思う事もあると思う。けれど健くんはあくまで自然体で後輩の主演舞台に華を添えてくださった。なかなか出来る事じゃない。三宅さん、ありがとうございます。
 
で、最後にはやはりタッキー&翼が恋しくなって来て、今井さんに振り回されているデレ明が見たくなった。同期っていいよね。何より、今井さん、お元気ですか??私、ゆっくり待っています。