黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

自担露出の波に乗る

どうしたらいいのだろう。

もう、ぐっちゃぐちゃ。

追いついていない。

私…全然、追い付けない…。

 

2016年9月24日土曜日から、今井さん出演のNHK時代劇『忠臣蔵の恋』が始まる。それを皮切りに彼の活動が一気に世に出る形となり、初回放送当日は日刊スポーツのサタジャニに掲載、と同時に月刊TVnavi11月号も発売される。そして夜には『世界一受けたい授業』にも出演なさるという事で、24日だけで翼不足を一気に解消出来る事となりそうだ。むしろ消化不良を起こさないだろうか…待ってた方もリハビリも必要だと思う…よ…?

 

今井さんのお仕事はそれだけに留まらない。2016年9月27日には第二波がやって来て、雑誌ラッシュとなる。

STAGE navi vol.10

BEST STAGE 11月号

DANCE SQUAREにて自身の連載『&T』の第2回目

 

その間NHKのプレマップには小刻みに忠臣蔵の恋が流れ、もはや追えていない(なんて言えない)

その後も『ぷっすま』や『ステラ』など露出ラッシュは続く。

 

 

大きな波は大きく引くと言うではないか。大丈夫か私…。しかし。待って待って耐え忍んでやっと来たこの瞬間。今井さん事で散財したいと思い続けた夢が叶うと思うと自然と口元もお財布の紐も緩む。雑誌を買ったり出演番組に御礼を送ったりTVをリアタイしたり、そういった当たり前の応援が出来る事の喜びを噛み締めよう。普段は「地球ドラマチック」と「ダーウィンが来た!」で埋まっている我が家のBRHDDも私のコーナーが潤って嬉しい限りだ。

 

 2016年10月3日からはいよいよ舞台『十月花形歌舞伎石川五右衛門GOEMON』も始まる。初めて観劇するので、想像がつかない。春に滝沢歌舞伎を観劇した時、タッキーが出て5秒で号泣していたタッキーファンの友人を思い出す。最初のフライングまでに3回泣いてたからねあの人。爆笑する私に「タッキーがそこにいるだけで泣けてくる。明日からまた生きていける。」と大真面目に熱く語っていたっけ。自担の舞台ってそんなものなのかなぁと軽く思っていたけれど、私はいったい何を感じるのだろう。

 

こうやって今井さんの挑戦にお供出来る事は本当に幸せだ。家族も自分も健康で、私にも今井さんにも仕事があるって最高だ。とにかくこれから楽しもう!