黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

つば3誌(ネタバレなし)

いない!いない!載ってない!

 

本屋でパニック寸前の私が一心不乱で今井翼の名前を探していたのはSTAGE SQUAREだった。そりゃ違うわ、私が買うべき雑誌は以下の3誌

 

DANCE SQUARE vol.15

BEST STAGE 11月号

STAGE navi 2016 vol.10

 

ま〜間違っても不思議ではないですね。いい加減雑誌名覚えなくては…。

 

どうにか3種類の今井さんを無事に入手した。表紙にいるわけでも無くお名前も1番大きく載っているわけではないけれど、「今井翼」の3文字を見つけた時のあの喜びといったら半端ない。そしてページを開くとそこにはめちゃくちゃ男前な今井さんがででーんと載っていた。ふんぎゃー!つばさまーーー!

どの翼くんも大好き!好きのバロメーターが振り切れた私は人目をはばからずニヤニヤしていた。同行者に「アンタ本当に翼に甘すぎない?」と言われたが、全くもってその通りだと思う。もしかしたら好き過ぎて世間一般の基準とかけ離れているのかもしれない。だけどそんなのどうでもいいの、世間の評価程いい加減なものは無いし、大切なのは自分の気持ちだと思っている。みんな自分の物差しで生きていて、好みは人それぞれあるでしょう?同じ翼くんのファンの方だって私が好きな翼くんとは違うところが好きな人もいると思うしそれはとても当たり前の事だと思っている。とにかく私は翼くんが毎日大好きで苦しくて楽しいのだ。

 

(ワガママを言わせてもらえるのなら、)誌面の今井さん、あまり笑っていないから1枚くらい無邪気な笑顔が欲しかったな。自身の連載には1枚だけ笑顔があって嬉しくなった。こうやって雑誌に連載を持っていると、じっくり対談を聞けるので有難い。どの雑誌もだいたい同じような内容だったけれどそんな意味で私はDANCE SQUAREが1番気に入った。まだ入手出来ていない方もいらっしゃると思うのでネタバレはしないが、とにかく私は翼くんの立ち姿にウットリした。という事でマイベストショットはSTAGE naviの21ページ。しばし心を奪われ魂が抜けた。翼くんのGOEMONへの意気込みがひしひしと、いや、ギラギラと伝わってきた。暑い熱い、さすがスペイン人。翼くんの想いがたくさん詰まったテキストを読み、観劇するのが益々楽しみになった。しかし翼くんて、本当に真面目。あの飽くなき探究心は何処から湧いてくるのだろうか。きっと色々な役者さんや監督さんに感化され、憧れを持つ事が成長の原動力となっているのかなぁと勝手に思った。憧れは大切。自分もああなりたい!そう思い続ける事で理想に近づこうと努力するもんね。それに背伸びをしたら背は伸びるし、立場が人を作るもの。翼くんの生き方は私には眩し過ぎる。

 

翼くん、凄いよ。

凄過ぎるよ。

大好きだよ(どさくさ)