黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

GOEMON 2016年10月4日昼公演

さてGOEMON初見の私でしたが、まず謝りたい。少しでも今井さんの事心配していた私は愚か者だ。あのお方の舞台上でのオーラは、私の想像を軽く超えていった。今井さん、申し訳ありません。貴方の表現力・歌唱力・台詞回し・フラメンコ…どれをとっても最高だった。歌舞伎役者に混じって、目の肥えた愛之助さんご贔屓筋の方々にその実力をさらけ出す事はどんなに覚悟のいる事か。きっとたくさん学び、練習して、今も尚舞台上で進化しているのでしょうね。私は翼くんのファンなので彼のやる事なす事ほぼ全て肯定してしまうのだけれど、今回は舞台を観て単純にカッコいいとか、可愛いとか、そんな簡単では無い、なんとも形容し難い感情が生まれた。あのカンテとフラメンコに翼くんの生き方を見た気がする。まさに魂の踊り、美しく哀しく心を掴まれるあの2幕の始まりは初めて翼くんにお会いしたふたり旅での衝撃以上だったかも知れない…よくよく考えたら、翼くんのフラメンコを観るのは初めてだった。またしても好きが更新された。私、幸せ!

 

神父カルデロン霧隠才蔵の二役だが、これがまたタイプの違うイケメンでして。

ロン様→才蔵→幕間→ロン様→才蔵

と翼くん大活躍。個人的な感想ですが、物語の始まりに出てくるロン様と比べ2幕のロン様はめちゃくちゃスリムに見えた。恐らく途中に才蔵の迫力ある着物姿で幅も厚みも豪華に見えた後のロン様だからだと思う。ロンのフラメンコ最高ですよ、息子の友市と踊るシーンは2人が可愛いんだわ。五右衛門と阿国と踊るシーンはカッコいいし、ソロは哀しく切なく美しい。フラメンコって不思議。翼くんの踊りは、長い手脚は勿論、ブレない体幹にあの仕草と視線。瞳で踊るダンサーだ。ただリズムに乗り正確に身体を動かすだけじゃなく、情感たっぷりに魅せるあのパフォーマンスに、天性の才能を感じる。そして良い歳の重ね方をしているといつも思う。アイドルは若くて可愛くて綺麗、そんな世界の第一線を走り続けた彼に30過ぎたあたりから容姿の変化や体型に関してマイナスな話題が増えた。それについて私はいつも腑に落ちない。美しさの基準は何なのか。年を取り、様々な経験を重ね出てくる人間としての深みは、外見にも現れる。それなりに生きてきた人はそれなりにしかならない。翼くんはとても頭が良く、善悪の区別が出来て、他者を思いやる事のできる想像力を持っている。努力を惜しまぬ真摯に生きるあの顔つきに私はいつも心打たれるよ。ただ若くて可愛いだけの男の子を好きになったわけじゃない。

 

話をGOEMONに戻す。才蔵がさ、霧隠さんとこの才蔵がさ、かっっっこエエんですよねこれが!なんだろう…黒髪だから?歌舞伎メイクで更に猫顔だから?ステージフォト無いんかね?カメラマンさん入っていたよ?あれは何用??もう、気になっちゃって。今の!その1枚くださいっっ!って何度も思ったわ。

 

それから何と言っても愛之助さん。そして出雲の阿国役の中村 壱太郎さん。いや、他の役者さん全てが素晴らしいのですが、この2人の終盤の踊りは本当に楽しい。踊り以外の歌舞伎は私なんかが感想を述べる必要の無いほど超一流で。翼くんがきっかけで日本の伝統芸能に触れる事が出来た喜びを胸に、暫く脳内でロン様と才蔵様を反芻して過ごそうと思う。

 

やっぱ現場って最高だわっっっ!

 

…次は少し間が空くんですよ…どこか休めないかって事ばかり考え中…うーん…どうする???

 

あ、お金ね。出費が嵩むわよね…。

そんなもん…

 

持ってけ この泥棒猫!!!