読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

自担のサブキーワードから 「太った 」が消える日

翼くんの露出が始まるといつもついて回る「太った」祭り。

あれに関してモヤモヤするのは何故なのか。どうして私は嫌な気持ちになるのか。こんなデリケート過ぎる記事を書いて良いものか、と思いながらも書いてしまう馬鹿です…

 

…。

 

 

①何も知らないくせに説

翼くんの頑張りや体型の細かい変動は、ファンならわかる事。ただ私は、今はむしろ痩せてきているぞ!とツッコミたくなる事もある。そのあたり正確さを求めるのはやはり無理な事。一般の方が良く知りもしない翼くんの事を軽い気持ちで「太った」「劣化」と言うことに対して、腹を立てる事は不毛なのかもしれない。これはむしろ、久々の露出に対するほんの御挨拶がわりと思ってみるといいのかな、なんて思うことにした。

 

②本人が可哀想説

翼くんがエゴサしているかどうかは知らないが、否定的な記事や呟きを見たらどんなに悲しむか、そう思うと言葉の暴力は許せない。翼くんを傷付ける事は許し難い。しかしこれもまぁある意味避けられない試練ではある。ジャニーズの今井翼ですもの、アイドルですからね…この世のものとは思えない程のイケメン集団、可愛いとカッコイイで溢れる世界。特に若い頃の翼くんの可愛さといったら反則級ですからその印象が強くても頷ける。(だけどもう今年で35歳ですから!)

 

③本当は私が1番周りの声を気にしてる説

普段、散々偉そうに”今井さんの良さは私自身がよく分かっているから、周りの声はどうでも良い”とか言ってるくせに、やはり否定的な言葉を聞くとグサリと刺さる。何がショックかというと、世間一般の声に自分の気持ちがザワつく事実である。何があっても応援している、常々そう想っているのに無責任な顔も知らない人々の声に惑わされるなんて、私もまだまだだ。

 

 

”ファンもガッカリ”とか、”ファンも悲鳴をあげている”とか、そんなのは見ていて辛い。(あ、後者は合っているかも。連日新橋演舞場では神父カルデロン霧隠才蔵様に萌え殺された翼担が歓喜の悲鳴をあげているんだったわ。)だいたい、容姿の変化で担降りする方は何も言わず離れていると思う。例えば翼くんのファンが”太った”とか、”痩せて”とか言うのはきっと個々の理想的翼像があり、それは翼くんに夢中になった時間があるからであって。もっと凄いの!翼くんて本当に素敵な人なの!との考えからだと思う。従って、一見文句を言っている(ように見える)ファンも、そうでない(ように見える)ファンも、全ては翼くんへの愛があってこその言動なんだよ。決して嫌いになったからでは無く、むしろ大好きなんだよ!だから、「ファンが可哀想」なんて同情しないで。可哀想かどうかは私が決める。私は、翼くんへの文句は今井翼ファンだけが言っていいと勝手に思っている。だってそれは愛ある駄目だしだから。本来持っている翼くんの素晴らしさを知って貰いたいからだよ!(え、違うの?)

 

 

私は今井翼くんがこの世の中で1番好き。ツバメンコ最高だよ。GOEMON最高なんだよ。あの人性格も素晴らしいし、ラジオも下ネタ炸裂したりするけど可愛いし、イケボだし、笑顔が可愛いし、お尻はプリケツだし、とにかく最の高なんだよ私の中で!!だから太ったとか言って欲しく無い。サブキーワードから消える日は来るのだろうか。

…来なくても、私は、すき。