黙ってないで愚図ってないで

翼くん 時々タッキーの 話

2016年10月17日 GOEMONツバースデー公演

おめでとー!!

 

気が付いたら私は大声で叫んでいた。

カテコでの翼くんのサプライズお誕生日祝いに参列出来た事は本当に幸せだった。翼くんの表情を見逃したくなくて、双眼鏡越しに彼を一心に見つめた。嬉しそうで、申し訳なさそうで、恥ずかしそうな翼くんの表情からこの舞台が彼にとってとても充実した時間となっている事が読み取れた(気がする)。才蔵のメイクで素の翼くんの動きや表情をするもんだから可笑しくって。そして私はお誕生日のお祝いをしてくださった全ての方々を覗き込んだ。愛之助さんは穏やかで、優しいお兄さんのような表情で翼くんを見ていた。壱太郎さん、吉弥さん、佐藤先生、皆さん同じように穏やかな表情で、可愛い弟を見守るようだった。本当に有難いし、嬉しかった。

愛之助さんから「一言どうぞ」と促された時、「二言三言になっても良いですか?」と言った翼くんが猛烈に可愛くて愛おしかった。「普通じゃ有り得ないんです。」そう切り出した彼の口からは感謝の言葉が止まらない。普段はそんなに多弁じゃないけれど、嬉しい時や伝えたい事がある時は少し早口になるあの翼くんの話し方だった。延々話す彼を優しい眼差しで見守るキャストの方々。笑みが溢れる客席。あんな景色そうそう見られない。翼くん、愛されているね。貴方の素直さ、一生懸命さが皆に伝わっているんだと思うと、わかる人にはわかる。それでいい。そう思えた。(え、私何様?)

 

愛之助さんは本当にお優しい。「翼くんは、皆から愛されているんです。僕から言うのも何ですが、彼をこれからも宜しくお願いします。」と言ってくださって。私、愛之助さんの「翼くん」のイントネーションがとっても好きで。関西訛りで可愛くないですか?いっとき我が家でも流行りましたから。

そして佐藤先生の粋な計らいで、皆んなで「出雲屋!」と叫べた事は光栄なことでした。翼くん、嬉しそうだったなぁ。

「夜になると寂しくて、朝になるとまた嬉しいんです。」子どもみたいな事を平然と言う翼くんがまた魅力的で。みんなみんな分かってるよ、知ってるよ、と思うようなお話をずっとするもんだから余計可愛らしくって。本当に35歳ですか?あんな素直で分かりやすい35歳男性、あまりいませんよ!

くそー、好きだよ。

幸せ。

 

演舞場を出ると、大粒の雨は止んでいた。

翼くん、お誕生日おめでとう。そう空が言っているような気がして、私はクスリと笑った。

 

翼くん、ハッピーバースデー!!

アイラブユー!!