読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

タッキー&翼(と言いつつほぼ今井さん)について1人語りするところです☆

八王子リホームの平社員と2016年10月25日 GOEMON 昼公演

GOEMON タッキー&翼 今井翼 滝沢秀明

『ピッタリの滝沢』

そう自分でネーミングする滝沢さん、八王子リホームの平社員ぶりが板に付いて相変わらず可愛かった。基本的にちょこんと部屋の隅にしゃがんで作業するタッキー。棟梁にビビるタッキー。カメラの端っこにいて見切れるタッキー。

可愛すぎかっっっ!!

あの青い壁紙を見て〝翼カラーだ!〟と思ったのは私だけじゃ無いハズ。タッキーも翼くんも、今はそれぞれのお仕事が続いているけれど、近い将来また2人揃うまでの時間に過ぎないんだと捉えている。平社員タッキーの活躍には必ずVenusが掛かり、タッキーはタッキー&翼なんだなぁと再認識してしまったよ。ちょっと可愛過ぎたからまたリピしよう。

 

そして私のThe last GOEMONが訪れた。

こんな言い方は失礼かもしれないけれど、最初に観劇した時と比べると格段と上手に溶け込んで、進化していた。愛する家族との別れも、五右衛門との再会も、カンテもフラメンコも。個人的に特に違いを感じたのは、五右衛門を追っ手から逃がし自身の妖術で翻弄させるシーンのあの体の使い方。10月4日はほぼ腕だけ動かしていた気がするが、今日は腰を落として、足の動きも加わり一層リアリティが増していた。あのブルーのライトも最高にカッコいい。

そして2幕のあの客席を巻き込む立ち回り、客席上手に姿を現す才蔵はなにやらニコニコしていた。それもそのはず、最前のお客様が後ろに夢中で全く気付かない。オールスルーされた才蔵は足を引っ掛けかなり接近するように前屈みとなり気付くのを待つ。周りがクスクス笑っていると、お客様が ん? と前を見たらあらまあそこには才蔵様が!

 

ニッコニコの才蔵様、可愛過ぎかーーーー!!!!

 

翼くん、よっぽど楽しかったんだろうね。しつこく覗き込み、てれってれのお客様が可愛くて、また笑う才蔵。あぁなんか、リラックス出来てていいなぁと嬉しくなった。あの時の才蔵は紛れもなく翼くんそのものだったよ。

最後に見た翼くんが楽しそうで良かった。嬉しかった。もう行けないけれど、ちゃんと〝バイバイ、またね!〟と言えた気がする。(完全に自己満足)

 

それぞれの現場で頑張っているタッキー&翼

2人とも可愛過ぎる。

そして帰宅するとタッキーのクリスマスディナーショーのハガキが雨に濡れてビッチョビチョな姿で届いていた。

手書きのメッセージが…

 

可愛過ぎかーーー!!