黙ってないで愚図ってないで

翼くん 時々タッキーの 話

今更デビュー魂を観た話

その日は朝から快晴で絶好の大掃除日和だった。しかし結果から申し上げると、我が家は全く綺麗にならなかった。だってそれは突然私の目に飛び込んできたから…。

 

Tackey&Tsubasa 「Hatachi」de Debut

Giant Hits Concert with all Johnny's Jr

 

BGMを何にしようか物色していた時の奇跡の出会い。まぁ、家にある事にも気付かない緩い私。ズボラって楽しい!と感心しつつ大掃除の予定をあっさり変更して鑑賞会スタート!

 

 

 

オープニングから感じたのはとにかく若さ溢れるパワー。ギラギラみなぎるあの熱量、滝沢さんはスーパーサイヤ人みたいだった。若かりしタッキーに面食らっていたら、今井さんはまさかのパツ金で、こっちこそスーパーサイヤ人。若いって凄い!!

しかも、声が高いーーーー!!!

よくぞ素敵な低音ボイスに成長してくれました。2人の共和する音は今の方が100倍良いけれど、ハタチの2人は若さ故の荒削り感と不安定さが理屈じゃない魅力を引き出している。若いって眩しい!余裕のない強がりとか、挫折を知らない挑発的な視線とか、なんでもやってみたい貪欲な姿勢。今のJr.にも共通するのかは分からないけれど、ハタチそこそこであそこまで魅せるジャニーズタレントを私は知らない。(というか他のジャニタレに興味が無い)今井さんは仔猫ちゃんのように華奢で、確実にハタチの私より可愛い。

 

全編観て思った。

この2人、何も変わらないなぁと。2人でタッキー&翼としてデビューしたものの、やりたい事とか表現力とか得意分野とか、まるで違う。むしろ何故2人で組もうと思ったの?とすら感じる。そこは当時求められていたものや、2人と事務所の都合とか私には到底入り込めない事情あっての事だと思う。デビュー当時の姿を観たことで滝翼の活動がスローペースである事が腑に落ちたような気がする。2人とも、個を確立し過ぎている。滝沢さんのあのJr.とワチャワチャするドリフ的な要素は滝沢歌舞伎に、今井さんのシンプルなステージとあの身体一つで魅せるパフォーマンスは後のPZに繋がっているんじゃないか。それにしたって踊りも歌も上手になったね!当時からリアルタイムで応援しているファンにとっては、堪らないよね?ちょっとずつ低音になっていく声とか、(脇毛は伸び悩んでいるけれど)大人の男になっていく体型の変化とか、当時のお気に入りのアイテムとか、そういった若い今井さんをずっと見て来た方には今の今井さんってどう写っているのだろう。そして山Pとか生田斗真くんを見ると、ずっと一緒にいて欲しいメンバーと居られる事がある種奇跡のような巡り合わせなんだと実感。本当にJr.時代から滝翼が好きな人にとっては堪らない程嬉しい事なんだろうな。

…叶うわけは無いけれど、もしもデビュー魂から応援していたら。いやいや、きっと15年前の私が彼らに気付く事は無かったと思う。好きになるタイミングは人それぞれだから、私は大人になって出会えて良かったと思っておこう。

今の滝翼は、カドが取れて人間としての深みが出ていて、本当に素敵な30代だと思う。それでいて時折見せる少年のような振る舞い。もうとにかくガムシャラに突っ走る訳じゃなく、一歩一歩確実に自分達の道を歩く2人にこれからもついて行きたい。ハタチでfly awayした男のコ、そして様々な挫折を味わっただろう今の彼ら。いつだって本気なところが大好き。ドームは大き過ぎるから、いつまでもアリーナで会いたいよ。特効ばかりじゃなくて良いし、無駄にシャツのボタンを外さなくても良いし(いや、生意気bodyを見せ付けてくださるなら幾らでも拝みますが)、ステージを走らなくても良いからずっとずっとアイドルでいて欲しい。コンサート、行きたいなぁぁぁ!!!そして、15年前からずっと応援してくれているファンをこれからも大切にして欲しい。(私、何様?)ファン歴は関係ないと言うけれど、やっぱりずっと見てきた実績がある方は特別に大切だよ。(そう思っていたら、ちゃんと〝いつもありがとう〟と言っていて嬉しくなった。)*1変わらず好きでいられるって凄い事。そして私みたいな新規も温かく迎え入れてくれる滝翼と安藤さんに感謝。

 

15周年ではTrue Heart歌って下さい。

そして翼くんソロは いつか絶対blue noteで。

*1:昨夜のトバセにて