読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

タッキー&翼(と言いつつほぼ今井さん)について1人語りするところです☆

エジプト(の今井さん)の話がしたい。

2016年12月11日午後3時半、私は自宅で翼とタコ焼きを焼いていた。といっても勿論私の大好きな今井さんとでは無い。この日、我が家はタコ焼きパーティーのホストだった。そして隣には溜まりに溜まった上司の愚痴を吐き出す為に来た後輩の男の子が。そう、彼の名前がまさかの〝翼〟…翼とタコ焼きを焼くために翼くんをリアタイ出来ない翼担の苦悩…もう脳内翼だらけでわけわからん…。みんなが「翼くん」と呼ぶもんだから、忘れたくても切り替えられない辛い時間が流れたが、タコパ自体は楽しかったので休日の過ごし方としては上出来だ。…だけど、(今井じゃない)翼の車のナンバーが283であった事には絶句した。そして醜い嫉妬心と例えようの無い敗北感を感じた…。283…つばさ…くそー良い名前…。(部署が違っていて良かったよ…)

 

リアタイ出来なかったエジプト*1の今井さんを拝む事が出来たのはそれから数日後。内服薬を変更したので嘔気が治った夜だった。やはり健康体でなければヲタ活動も出来ない。健康って最高だ!(まだ緑黄色の粘稠痰が出るけどな!)巨大ピラミッドの前の今井さんは、とても男らしい出で立ちであった。お髭もサイドの金髪剃り上げも最新の今井さんで嬉しかった。見る度に斬新な髪型で現れる今井さんの魅せ方にある種感動を覚える(好みは別として)Tシャツにジーンズといったラフな服装にまたステージとは違う魅力を感じ、街中のイケメン兄ちゃんみたいでドキドキした。もしかしたらその辺で遭遇してもおかしくないんじゃないかと勝手に妄想したけれど、会えるわけも無いし会えても尊すぎて逃げるよ私は。オープニングだけでひとつ記事になりそうな感動を覚えたが、先に進もうと思う。口を開くと丁寧な喋り方、そして低音ボイスに吉村先生へ対する紳士的な振る舞い、そこには正に大好きな今井さんがいた。しかし吉村作治先生といえば、その昔ハナマルキのCMに出ていたエジプトのおじさんと言った記憶くらいしか無いのだが、今見ると歳をとったものだ。おじさまと今井さんの組み合わせは実にほのぼのしていて可愛らしいメルヘンの世界が広がっていた。平和!平和過ぎるよ!

 

「きっと生きるよこの経験が」発掘作業に参加させて貰った今井さんに吉村先生が放った言葉。それに対して大きく同調する彼が愛おしかった。ハラリと乱れる前髪にドキドキしつつ、まん丸お目目を更にまん丸くして驚きの反応を見せる今井さんに〝可愛いテロ〟勃発を確信した。前半だけで息が上がりそうな程興奮した私、だけど今思えば息苦しいのは気管支炎のせいだったのかもしれない。そんな不調は忘れるほどエジプトの今井さんは美しかった。いい!動く今井さんって最高!!

 

カイロ博物館に出向いた今井さんは、襟付きシャツでイケメン度がmaxに達していた。莫大な金銀財宝すら彼の前では霞んで見えた。しかし今井さんの美しさに番組の内容が全く頭に入ってこない。お陰で何度も巻き戻す事となり、全く進まない。  

 

白いTシャツの今井さんも飛び切りイケメンだった。(あ、私さっきから今井さんがイケメンって事しか言ってない…?)ガタイの良さがまた色っぽかった。少年のような線の細さは無く、頼もしい大人の体型となった今井さん。厚い胸板に逞しい二の腕、私は今の今井さんが、好き。

眼鏡男子の今井さんもとっても素敵だった。真剣に話を聞く様は渋みすら感じ、この人本当に35歳なのだろうか?と疑ってしまった。全身黒もシックで良いではないか!というか、どんな今井さんも最高に、好き。

 

結局クフ王の墓はどこにあるのだろうか、古代エジプトの最大の謎と匹敵する程今井さんの魅力は何なのか考えさせられた番組であった。だってどんなにへんちくりんな髪型でも素晴らしく胸が高揚してしまう。私は今井さんの何にこんなに心を奪われているのだろう…陰ひなた無く与えてくれる太陽の恵の如く、今井さんに愛を注ぎたいと本気で思った自分がいた。吉村作治先生、クフ王の墓が発見されたらまた今井さんを呼んでいただけないでしょうか?その頃には私も彼の魅力についてハッキリ物申せるようになっているかもしれません!!!

 

 

*1:遂に開いた!ピラミッド真実への扉 ツタンカーメンの秘宝と 太陽の船新発見!