読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってないで愚図ってないで

タッキー&翼(と言いつつほぼ今井さん)について1人語りするところです☆

Amazonのレビューを書いた話

タッキー&翼

 ちょっと疲れた夜に、久し振りにBlu-rayを見た。軽い気持ちで手を出した新春婚にすっかり魅了されてしまった私。もう何度も見ているのに毎回心の底からタッキー&翼って最高だ!!と思うのは何かの病気なんだろうか…時々自分で自分が心配になる。今回も例外でなく、あまりに感動したので今更ながらAmazonのレビューを書く事にした。え、何故急に?

 

だって私、タッキー&翼超初心者の時に頼ったのがAmazonで。周りに安藤さんはおらず、どの映像作品を購入すれば良いのかも分からなかった私が読んだレビュー。とても真剣に読ませていただいたのを覚えている。タッキー&翼の新春婚が気になっている安藤さん予備軍の方とそれらを熱く語りたい私、双方の利点の合致である。しかし自分のブログでも無いところに長々と書き殴って良いものか心配になったので、とある友人に私の書いた文章を読んでもらう事にした。Amazonレビュー的に風紀を乱していないか純粋に知りたかった。勿論、私が書いたとは言わず。(言えず)

 

『なげーわ!まず長いわっ。とにかくすんごい熱烈ファンというのはわかった。買いたくはならないけど、観たくなった』

 

そう言われ、益々自分が書いたとは言えなくなった。しかし滝翼に全然興味の無い人間が観たくなったと答えてくれて安心した。(やや引いていたが想定内)おそらくこのBlu-rayを購入するか迷っている人しか私のレビューを読まないと思う(無駄に長いから読み流される可能性大)ので、もしかしたら購入の決め手になるかもしれないし、そうならないかもしれない。いや、そもそもそんな〝あわよくば安藤さん増やしちゃおう〟なんて狙いは毛頭ございません。そんな力無いですから!これは完全なる自己満足の世界、とにかく私は書きたくて書いただけなので満足。今この瞬間の〝大好き〟な想いをそのまま形にしたかった。それ以上でもそれ以下でも無い。

 レビューの字数制限は800字とか。暑苦しい私には物足りないくらいであったが、この書込み作業は非常に神経をすり減らした。頑張り過ぎて終盤に『ねぇ』の歌詞をブッ込む分かりにくい演出も完全に空回り。もはや読んで欲しいのか見つかりたく無いのか自分でも意味不明である。どうかAmazonさんや先輩安藤さんからお叱りを受けませんように…そして滝翼のイメージダウンとなりませんように…。

因みに、私が書き込む前に書いてあった6名の安藤様のレビューはどれも激しく頷くことばかり書いてあって感動した。私も見習おう。あまり長文にならないように…。