黙ってないで愚図ってないで

翼くん 時々タッキーの 話

音楽劇『マリウス』2017 総括

今更ですが総括好きとしてはupしたい話。

 

2017年3月6日から27日にかけて日生劇場にて公演された音楽劇『マリウス』、この1ヶ月は大好きな今井さんが主演する舞台とあって寝ても覚めてもマリウス一色だったように思う。今回は舞台1ヶ月前から怒涛の番宣ラッシュで初日には既に疲労感が溜まるという何とも不慣れな露出生活を送った。そんな2017年の3月は、終わってみればあっという間に駆け抜けていった。マリウス扮する今井さんが余りにも堂々としていて本当に素敵だった。舞台上の翼くんは回を重ねる度にマルセーユの青年になっていた。彼の真骨頂であるフラメンコは勿論の事、セリフの無い何気ないカフェのシーンでもセザールの息子だった。突っ込みどころ満載のこのお話が好きになれて私は幸せだった。好きな人が演じるキャラクターや世界観を受け入れられないと何回も観に行けないから。主演の翼くんは勿論のこと、瀧本美織さんを始めとする主要キャストや舞台美術、アンサンブル、フラメンコ。全てがマルセーユの港町に溶け込んでいた。(フランス行った事無いけど)ほんの少しのすれ違いに〝もう!なんで!?〟ともどかしく感じるリアリティがあり、全てが思い通りにいかない人の世の不安定さに人間らしさを感じたり。カフェの青年が夢見た先に待ち受けていた現実、幸せや切なさを消化しこれからも生きていくマリウスの背中が切なかった。観劇に行かない日も勝手に自分と翼くんを重ねて〝翼くんも舞台で勝負しているんだから、自分も頑張ろう!〟と生きる力を貰っていた。東京の劇場で開催してくれた事にも感謝している。観に行きたくても行けない翼ファンがたくさんいる中で、複数回観劇出来た私は幸せ者だと思う。家庭や仕事をフォローしてくれた人がいて初めて私の翼応援生活は成り立っているんだなぁと改めて感謝の気持ちが芽生えた。私の大切な人々が健康で平和に暮らしている今を大切に、暫く大人しく現実世界で踏ん張ろうと思う。〝仕事に楽なものは無い〟とか〝楽しく仕事したいなんて甘い〟なんてよく耳にするけれど、翼くんはこのマリウスを演じるにあたって何を考えていたのだろう。勿論、毎日の公演でしんどい日も気が乗らない日もあると思う。だけど根底には喜びや楽しさを感じてくれていたら嬉しい。拍手喝采を浴び、堂々と晴れやかな表情の彼を見つめると心からそう思う。プレッシャーと同じくらいやり甲斐を感じ、舞台で演じるモチベーションを保って欲しい。そんな気持ちを込めて手が痛くなる程拍手を送った。ねぇ翼くんは、どんな時にこのお仕事を続けていて良かったと思うのかな。

 

XCがマイベスト接近席であった。近すぎて首が痛くなったのと、翼くんが至近距離で佇むので全然お話に集中出来なくて1番疲れたという贅沢過ぎる感想。GC階の1列目センターは視界を遮るものが全く無くて、二階席ほど見下ろす感覚も無く単純に劇を堪能したい方にはオススメで、一度は座りたい席であった。しかし結果的に一般で入ったセンターブロックのG席が私的には最も楽しめた。二階席ではマルセーユの港とカフェの可愛さにまた違う楽しさを見出した。色々な観客の様子を見るのも楽しかった。基本的にボッチで行動するので気も楽だし脳内妄想遊びも膨らむ。クロークに預けたコートの中にスマホを忘れたり、自分の席に先客が座っていてプチパニックになったり、初めましてのお仲間さんになかなか声をかけられなかったり、花粉症が悪化して鼻腔が完全閉塞した為に口呼吸で苦しかったり、これまた花粉症と風邪により湿性咳嗽が酷くのど飴を握り締めながら頑張った日々が懐かしい。

 

今回の現場ではこのブログがきっかけとなりお会い出来た方々もいらした。私はブログを書いている事は翼ファンのお友達にも言っていないので(聞かれないから話さないだけ)、yamatoと身バレしている方にお会いする事は殆ど無い。文面から感じる印象から描いた私と実物が違うのか、たいてい戸惑われる。この反応を見るのも結構楽しみだったりする。人見知りの私でも翼くんという共通の話題のお陰で楽しくお話させて貰えて、まるでもう1人の自分になったような不思議な感覚になる。

 

さて楽しい3月は終わり。舞台が終わるという事は、次のお知らせが届くまで待機する事を意味する。(大運動会除く)有難い事にマリウスロスにもならず、次の現場まで緊急出動出来るように日々を生きている。次は何を魅せてくれるのだろう。それは翼くんのやりたい事だったらいいなと願う。同時に不本意な仕事でも、顔色ひとつ変えずに乗り越えて欲しいとも思う。私はどんな時も応援しているし、貴方の声に耳を傾け、存在を忘れる事なく味方でいたい。(プライベートまで関与しないのでご安心ください)

翼くん、マリウス楽しかったね!2017年の3月に体験した劇場通いは私の心の中でずっと大事にしておきたい。昔あんな事あったなぁ!って私がおばあちゃんになった時ふと思い出して笑ったりするの。そんなまだ見ぬ未来も素敵じゃない!?