黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

『FNSうたの夏まつり アニバーサリーSP』滝翼番協に参加した話

何処か他人事のように捉えていたFNSの番協が当選した。一度じゃ何のことか理解出来ず、数回メールを読んだ後胸が一杯になり吐気がした。まさか当選するなんて…!一度は諦めたもののギリギリまで色々悩み滑り込みで申し込んだ過去の自分グッジョブ!これは人生初の番協に参加した(翼くん寄りの)滝翼ファンの一部始終。

 

さて未だ嘗てない程の長々しい当選メールを読んで最初に感じた事は〝私はお客様では無く、演出の一部になりきるいわば制作サイドの1番下っ端な人間〟に徹する必要性だった。無駄に目立ってはならぬ。とにかくメールからは物凄い〝圧〟を感じる。そりゃそうだわ、リークしたらどうなるか…想像しただけで背筋が凍る。ビビり過ぎて子守要員にも当日何処で何をするのか明かさず出掛けた。「捜さないでください!」状態。(お陰でクタクタで帰宅したら開口一番「ちょっと!今日滝翼ちゃんたちTV出てたみたいよ?んもーあんた何処行ってたのよ〜」と言われた…)あかん、もう吐きそう。あ、違うの別にそんなに怖い事は書いてないの。テレビ局・アイドル本人・その関係者、そして何より番協に参加する全てのファンを守るための掟であって、決して〝粗相したらおまえんとこの御家断絶したる〟とか〝デブとブスとBBAは帰って貰うで〟とかは一切無いの。しかし私は気が小さいのでハァしんどい。同時に行きたくても行けないファンの方々がたくさんいる中で当選した事実が重くのし掛かる。吐きそう(2回目)

 

当選メールが届いてからは色々心配があり過ぎて生きた気がしなかった。当日は不穏ながらもしっかり指定された時刻に集合場所へ。というか朝6時に起きてから何にも手に付かず、しかも地震があったりしていても経ってもいられず早々家を出た。〝誰が見ても運動靴とわかる靴〟を履き、髪は盛らず(盛った事ないけど)、荷物は最小限に。〝スタンディングのライブ形式〟の前情報に、荷物邪魔すぎ予報発令。愛用の青い長財布は封印し子どもの薄いテロテロポーチを拝借。ダサい。星柄のカバンも封印し万年二軍だったポシェット(ポシェットって死語ですか?)を引っ張り出す。ダサい。ダサくてもいい、タキツバに会えるなら。

 

※番協の詳細は書けませんが以下にステージ上の2人の様子を私なりにつらつらと書き綴ります。

 

スタジオに入るとそこはThe現場。当たり前の事だけどTVには映らないスタッフの方々が絶賛お仕事中であった。そして出番の数分前に入ってくるSnow Man。更にその数秒後にタッキー&翼。ステージ下手から今井さん、滝沢さんの順で登場、2人ともこちらにお手振りしてくれて翼くんは何か言ってた。(興奮し過ぎて実はよく覚えていない)…「今日はありがとう!」みたいな感じだった気がする…。翼くんはとにかくニコニコ嬉しそうな子どもみたいだった。あぁ今日楽しいんだなぁってわかって私まで嬉しくてもう泣きそうだった。スタンドマイクの前に立ち、物凄く真剣な表情にドキリとした。まさに〝仕事中〟の翼くんで、私には今まで見たことの無い顔だった。集中していると思った次の瞬間、森山直太朗さんがあちこち歩き回る姿を見て一瞬笑った翼くんが本当に可愛かった。子どもみたい!可愛い!!好き!!!ここまで登場から1分ないくらいだったんだけど色々な表情を見せてくれた。タッキーは顔色ひとつ変えず、というか終始穏やかな笑顔で神々しくて、すっごく可愛かった。2人とも直前まで手を振ってくれて、もう胸が一杯。そして完璧な程お上品。今回何が心に残ったかって、段取りが完璧なところ。颯爽とファンの前に現れステージに上がってから数秒でスタンバイし(しかもその姿がめちゃくちゃ綺麗)歌が始まると美しいパフォーマンスに無駄のない動き。カメラさんがたくさんいて、ステージに2台、クレーンも2台、それ以外もまだあって複雑なカメラワークに完璧に対応する2人。しかも楽しそうに笑ってですよ?上から蛍光灯みたいなヘンテコライトが下りて2人を囲んだ時もすっぽりスマートに納まってビックリ。歌いながら踊って立ち位置変わってイチャつくなんて!え、何年ジャニーズやってんだって?出来て当たり前だって?そうねそうよね、そのくらいこなすよねプロだもんね、でも目の前で見ると感動しちゃうの。そして私には到底出来ない(当たり前だ)それでね、翼くんが歌いながらこちらを見てくれるんですよ。視線が合ったんですよ。え、勘違い?いいの本当のところは分からないからそう思わせてちょうだいよ。だけど翼ファンならわかると思うけど、いつものようにゆっくりこちらを観察して、〝うんうん、大丈夫。分かってるよ、ありがとうね〟みたいなやつを!して!!くれた!!の!!!翼くんのあの目ヂカラに負けぬよう己の目から好き好きフルパワー光線出しまくったんだけどアイドルオーラに負けて乙女な部分が萌え溶けた。ありがとう翼くん、私この夜の事は一生忘れないよ。もう世界で1番断トツ大好きとしか思えなかった。(ちょっと自分でも引くくらい興奮してる)対するタッキーは安定のカメラ目線ファンサが完璧で(勿論現場にもニコニコしてくれた)、〝現場盛り上げ班・翼〟と〝全国のお茶の間神席盛り上げ班・滝沢〟のバランスが最高!!と感極まった。2人ともファンを大切に想ってくれているのが分かったの。勘違いなんかじゃ無い、2人ともユニ活に飢えている安藤さんの事、忘れてないってあのスタジオで感じたの。

 

歌の場面は全国の安藤さんが画面越しに観た光景と同じ。そして歌い終わってからはけるまでは1分も無かった。入ってきた場所から出て行くはずがタッキーが間違えて、それに続く翼くんも間違えてどん詰まって、2人で同じ方向向いて止まってて、イケメンのド天然大真面目コントか!翼くんは最後に「ありがとう!」と言ってくれた。そしてJr.の誰かにちょっとちょっかい出して消えていった。そう、特別な挨拶とか何も無かったの。それがまた良くって。だって滝翼ファンがどれだけ彼らに飢えていると思う?番協だけを特別扱いしたら何万人が泣くと思う?だから颯爽と消えていった2人が正解過ぎて嬉しかった。いつでも会えるわけじゃないアイドル。その中でも特に会えないと評判のタッキー&翼。キラキラと舞う妖精の粉でも纏うように現れ、この世の者とは思えない程上品に舞い、その余韻に浸るうちに何処からとも無く吹く夜風に誘われ再び姿を眩ます2人。アイドルって尊い

 

そして私は未だ嘗てないほど全力で3曲踊りきり、膝が笑って仕方ない。だけど〝基本肩より上〟仕様の手振りのお陰でなんとなんと、肩凝りが治った。肩甲骨周りがほぐれたらしい。サンキューVenus。サムには悪いけど、これからはTRFじゃなくT&Tでエクササイズするわ。その前に、ちょっと本気で疲れを取りたい…年齢的にも体力的にも番協は最初で最後だと思うの…ありがたかった本当に。

 

で、Liveはいつですか?(振りを忘れる前にお願いしたい)