黙ってないで愚図ってないで

翼くんとタッキーのお話

私の知ってるタッキー&翼は、そんなに完璧じゃ無い

今井さんから発せられる滝沢さんが好きだ。「僕の相方の滝沢さんて人はあんまり言葉にしないタイプで、だからこそ誤解される事がある」今井さんが話す滝沢像はきっと最も的確で真実味を帯びている。それは私の認識とのズレを修正出来るチャンスでもあり、同時にシンプルな言葉の裏に2人の繋がりを感じられる貴重な証言でもある。2016年1月のライブを最後に長らくユニット活動が停滞しているが、この間滝沢さんがユニットについて公式に追及する事は無いに等しい。ソロの仕事としてTV出演する際も今井翼の〝い〟の字も出ない。それはある種当たり前の事ではあるが、時に深読みしてしまう自分がいる。そう、私はすぐに忘れる。滝沢さんが〝多くを語らない漢〟である事を。だからたまに今井さんが発する滝沢さんの話が好きだ。

「翼くん」滝沢さんと仲の良いジャニタレは誰かというインタビューに一般の方が思わず答えたこの名前に、滝沢さんは満面の笑みを見せた。*1その時彼は何も言わなかったけれど、もう充分だった。〝目は口ほどに物を言う〟とは良く言ったもので、滝沢さんが優しく見つめる視線の先にはいつも今井さんがいて、大抵今井さんは子どものようにはしゃいでいる。テンションが上がり過ぎて今井さんが暴走しても、滝沢さんはイケメン形無しのデレデレ顔で笑っていて、それで私は嬉しくなる。だけど、すぐにまた忘れる。私は滝沢さんが今井さんの舞台鑑賞に来ないだけで、深読みをする。

〝ちょっとしたことで周りの方は、すごく繊細に気にされたりとか、ものすごく誤解されたことが記事になってたりとか。でも実際は僕らって言葉にしなくってもわかり合ってる〝*2今井さんのその言葉に、また軌道修正をする。だから私はやっぱり今井さんから聞く滝沢さんの話が好きだ。

〝僕は相方に対して素直に「ありがとう」って言えないタイプだけど翼はそういうこともサラッと出来ちゃうので羨ましいと思う〟滝沢さんが珍しく自分の気持ちを吐露した時、今井さんは入院中だった。「僕は翼が大好きです!」ステージ上でどストレートな告白をした時*3、今井さんは自宅療養中だった。滝沢さんが自分の心を解放する時は何か特別な出来事が起きている時だった。それならば、滝沢さんの心の内を彼自身の言葉で聞けなくたって構わないから、もう普通じゃないような時間なんて流れないで欲しいと願う。「これまでにタキツバとして直面してきた出来事のうちの一つで、何か大きな事があったから2人の絆が深まりましたって事じゃない」今井さんが復帰して滝翼の活動が再開された時の滝沢さんはもう甘い言葉は言ってくれなかった。「滝沢の存在が本当に有り難かった」と言葉にする今井さんに対して「あれがベストで、あれ以外にやりようがなかった」と返す滝沢さん。2人のやりとりにまた〝普通〟が戻ってきた事を実感した。だからいいのかもしれない。〝多くを語らない人〟と〝しつこいくらい素直に気持ちを伝え、たまに喋りすぎる人〟のままで。今はそう思う。

「10代の頃は兄弟ゲンカのような時もあったし、20代では逆にものを言えない関係の時期もあったり、でも30代になって目を見て思っていることをぶつけ合う時間も出来るようになってきた」*4変わりゆく滝翼の関係性を話す滝沢さんは、今井さんに対して少しは言葉に出して伝えるスキルが身につくだろうか。自分から今井さんの手を繋ぎにいったり出来るだろうか。ねぇ翼くん、どう思う?

 

…というブログを今朝更新するつもりだった。だけど早々〝普通じゃない時間〟が訪れた。はやっ!はっやっっっ!!はっっっ…(しつこい?)今はなんにせよ雑音が多い。集中したい。彼らの声に耳を傾けて、私なりに整理したい。話はそれから。だけどこれだけは、今どうしても言いたい。

 

 スポニチよ!!!

今井翼は〝運動神経抜群〟 じゃ 無いぞ!!!

*1:櫻井・有吉のTHE夜会 2016年7月14日O.A

*2:おかべろ2017年6月3日O.A

*3:Two Tops Treasure Tackey & Tsubasa 2014コンサート

*4:ZIP!2015年11月27日O.A