黙ってないで 愚図ってないで

〜翼くん37歳のお誕生日おめでとう!!〜

Tsubasa Imai Dance Session 『&T』 #Final

2016年7月から始まった『Dance SQUARE』での雑誌連載が最終回を迎えた。始まりがあれば終わりもある、そう自分に言い聞かせて連載の最終回を見届ける事にした。

 

毎回ゲストを迎え踊りを瞬間的に閉じ込めて表現するこの連載は、私には時々寂しさを感じる事もあった。芝居に力を入れる今井さんを見ながら、〝でもベースは踊りにあるよね〟と何度も思う日々にこの連載のテキストを読んで一喜一憂したり深読みしたり。翼くんの胸の内が分からない時も、&T でだけは〝踊りに特化した表現者〟としてのプライドが前面に押し出されるんじゃないかと勝手に思っていた。テキストから感じる〝あれ?そうなの?〟と驚くような言葉や、何気ない一枚から感じる〝違和感〟のようななんとも形容し難い引っかかる感情がこのfinalで全て紐解けた気もする。今井さんは自分自身の事も、自身のファンの事も良く分かっていらっしゃるようでちょっと色々グッと来た。ジャニーズである事も踊りを軸とした表現者としてのプライドも、一時は捨ててしまうのではないかと心配していた自分がいた事を素直に謝りたい。そんな事あるわけないのにね。

 

「今は脱げない」そう言って笑っていた頃を考えると随分と時が流れたんだなぁと実感する。心身ともに鍛えいつでもイケる心構えを構築した翼くんが頼もしくって男らしくて惚れ直した。あとはなんといっても優しさが強い。finalに力強い言葉を残してくれるところはなんとも翼くんらしいというか。連載終了においてファンが抱く事になる堪らなく切ない感情をフォローするように自身の未来像をちょっと教えてくれる心遣いに不安から来る妙な緊張が解けた気がする。やりたい事を有言化する事で自らに負荷を掛けているのか。ファンに対するメッセージなのか。私は未来はそんなに悲観する事ばかりでは無く無限の可能性があるって事と、今井翼という唯一無二の表現者に現在進行形で力強いエネルギーがある事を実感出来て嬉しかった。彼はいつだって変わらず表舞台に存在し誰よりも頼もしく今井翼ファンを率いてくれる人、それが私の好きな人。

 

まぁそれでね?

私は本屋で開いた派なんだけどね?今井さんお写真がものすんごくて!!!

ちょっと軽く呼吸止まった。だけど周りに人が居なかったからもっかい見て、また止まって。もうね、我慢ならなくて最終的には喫茶店で堂々と広げましたからね。お隣の大人女子に見られてもいいし。むしろ見て欲しいし。って勢いで。今井さん美しかった…36歳のカラダ…美しかった…あんなに美しいもんですかね…。あとはね、長い。脚が長い。今井さんて昭和生まれとは思えないほどスタイルが良い。お顔なんて握り拳くらいでしょ?もうどーなってんの遺伝子。

 

今回の連載は終わってしまうけれど、今井さんがこれからも脱ぎ続けてくれますように…トップギア前におズボンが破けたハプニング*1は良き思い出にして、これからもずっと色っぽくて強気で挑発的な今井さんを見ていたい。鍛え上げた肉体という最強の鎧を身に纏って、道無き道を進んで欲しい。そして、口を開けばふにゃふにゃトークで、笑うと可愛いの塊になって同一人物ですか?って困らせて欲しい。可愛いもカッコイイも両方持っている翼くん…ワルい男…(好き)

*1:ふたり旅 初日福岡