黙ってないで 愚図ってないで

〜その先に まだある 夢のさきへ〜

Le Petit Prince

「…星の王子様…」

 

最初に見た時真っ先にそう思った。あのワイドパンツに跳ねた髪、私には滝沢さんの新ユニットビジュアルがリトルプリンスに見える。

 

という事で、夏休みの親子読書はコレに決めた。親と子がオススメを一冊選ぶという結構面倒臭い課題で、我が家は同じ本をお互い読んで感想を言い合う事にした。「勧める理由」にはまさか滝沢さんを見てなんとなく、とは書けないので真っ当な大人らしい文で誤魔化した。

 

さて星の王子様といえば世界中で読まれ続けているベストセラー。作中に生まれた数々の名言の存在もろくに知らず、だけど私の心にも結構刺さった。

 

例えば、君が夕方の四時に来るなら、ぼくは三時から嬉しくなってくる。そこから時間が進めば進む程、どんどん嬉しくなってくる。そうしてとうとう四時になると、もう、そわそわしたり。こうして、幸福の味を知るんだよ!でも、君が来るのが行き当たりばったりだと、何時に心の準備を始めればいいのか、ちっともわからない

 

あー、わかるそれ。情報解禁が嬉しいのと似てる。

 

王子様は自分が特別だと思っていた薔薇が実は地球にはたくさんあって、あの花が世界で唯一のそれでは無いと知り泣く。だけどキツネと出会い絆を結ぶ過程で〝同じ花でも僕の薔薇は別格〟だと気付く。

 

きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ

 

…私が今井さんを特別枠だと思うのも同じ事?じゃあファン歴が長くなる程離れられなくなるのかしら!(ワクワク)

 

ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない

 

…あぁ確かに!1番大切な人は今、目に見えないっす。んーでも私は結構シンプルかも。今井さんだけがいつだって特別で、活動休止の今も大切な存在。数いる芸能人の中で、心が動くのは今井さんだけなんだよね結局。他がどうこうなんて無くて、ただ翼くんが好きなだけ。ちゃんと心で感じてるよ、姿が無くても何が大切か私なりに分かっているつもり。(自己満だからいいの)

 

なんでも自担に絡めるジャニヲタあるあるの私をよそに、我が子の感想欄にはこう書かれていた。

「作者は大人の事を〝思い込みが強い、頭の固い人〟と例えています。大人のように思い込んでいると、自分だけの答えが見つからないという事かな、と思いました。」

 

…母、完敗。

f:id:yamato78:20180724222940j:image