黙ってないで 愚図ってないで

今井さんがInstagram始めました

活動休止を受けて〜ボクラノミライ〜

それは唐突に私の目に飛び込んできた。〝タキツバ活動休止〟の活字に心臓がドクンと大きく脈打った。〝本当なの?〟ネットニュースを読んだ時はそれ以上の思考が働かなかった。2017年9月3日、その日は秋晴れの日曜日で、15周年記念日が8日後に迫っていた朝だった。〝真実なら期日指定DMが来る。こんな大切で残酷なお知らせが本当ならば、彼らから何かアクションがあるはず〟動揺しつつも冷静さを取り戻そうと必死な自分がいた。と同時に踏ん張らないと簡単に吹き飛ばされそうな気がして、これから襲いかかるであろう言葉の刃にゾッとした。そしてそれは私の予想よりもうんと早く襲ってきた。『ジャニーズ事務所のグループ活動休止』というセンセーショナルな話題に世間は2人とそのファンをそっとしておいてはくれなかった。あっという間に様々な角度から好奇な目で見られる事となり、ただの一般人である私のブログも尋常じゃ無いアクセス数を叩き出していた。

〝15周年なのに酷い!ファンが可哀想…!〟〝売れないから実質解散させられたんだ!事務所の闇だ!〟…本当に色々な声が聞こえた。その殆どがファンでは無い人だった。安藤さん…彼らは『タッキー&翼のファンはタッキーと翼を繋いでくれる&だから安藤さんだよ』って言ってくれて、だからみんな自分達を安藤さんと言うんだけどその安藤さんの大半は、今起きている事実を受け止める以上の事は出来なかった。私は時が止まり、〝そんな事、ある?〟そう自分に問いかけたんだけど、その時〝いつかこんな日が来るかもしれない〟と何処かで感じていた事に気付いた。〝話が出来たんだね〟って納得する部分もあった。15周年だからこその、真面目な2人の決断なんだ…そんな気持ちで期日指定の白い封筒の中身を読んだら、夢にまで見た2人揃った写真が目に飛び込んできた。中には14行のかしこまった文章が並び、最後に2人の直筆のサインとくだけた笑顔が光る。彼らは笑っていて、私は泣いた。15周年なんてなければいいのに。いつかそうブログに書いた自分を思い出し、また泣いた。活動休止って、何を今更!真面目か!!個々のスキルアップって、超人にでもなるつもりか!そうツッコミつつも、現実にはその答えが予想出来る自分もいる。

 

第一報の翌日、目を背けたくなるような報道と分かっている上でWSの録画予約をした。そしてファンへの挨拶があるであろう歌番組を待機する日々。ある日いきなり事実を知らされて〝あれが最後だったね〟と記憶を辿るのと、〝これでしばらくサヨナラ〟と心して見守るのと、どちらが辛いんだろう。…話し合いの期間は3ヶ月とも、1年以上とも言われた。正確な時期はわからないけれど、昨日今日の話で決めたわけでは無い事は理解した。この大きな決断をする上できっとたくさん話をしたと思う。しかし覆らない決定事項を投げられたこちら側の人間がすぐさま〝はぁそうですか〟となる訳も無く、でも2人にはそれも想定内なんだろうな。とかグルグル考えている今日この頃。私は発表を受けてから本当に毎日グズグズしていたんだけど、そのうちにいい加減泣き過ぎだろ。そもそも何がそんなに悲しいのよ。死んだわけじゃなし。とセルフツッコミが入り出した。こんな時は冷静で辛辣なあのお方に喝を入れて貰おう!そう思っていつも私の翼熱を冷めた目で見る知人に連絡を入れた。盛大にディスってくれると思ったのに。「あんたが辛いと私も辛い」そう言って彼女は泣いた。「活動再開したら一緒にコンサート行こう」普段そんな事絶対言わないのにこんな時だけ優しくされて迷惑。そうしてその日、私達は泣いた。2017年9月11日は、デビュー記念日。そして9月18日は、活動休止前のステージがある日。

とにかく怖がらなくていいから、タッキーも翼くんも、18日は思うままにいってらっしゃいな。

私は翼くんの発病がきっかけで滝翼を知り、彼らの世界に心酔した。ライブが好きで、あの空間が好きだった。やがてソロばかりになった時、滝翼よりも〝今井翼〟に惚れ込んだ。アイドルとしてのパフォーマンスは勿論のこと、近年の芝居熱も好きで色々貪欲に吸収していく翼くんを尊敬している。彼がやりたい事をやりたいように突き進んで欲しかった。見るもの全て敵みたいな尖った彼も好きだし、いきなり何かにのめり込んで心配する程ストイックに精進する彼も好き。好きなものには尊敬の念と愛情をかける姿が眩しいし愛しく思う。なんでいつも楽な道を選ばないんだろう、もっと上手く生きればいいのに。そんな風に心配するのも好きだし、いちいち面倒臭そうなところも好き。MCでは言ってる事の半分は信用していないし、いつかもっと手の届かない遠い世界に行ってしまいそうな危ういところも好き。一方で思うままに自由に翼を広げて欲しかったし変わり種ジャニーズの扱いも上等だった。外野は時に偉く無責任で失礼な情報を流す。そしてそれはきっとこれからも続く。だけどこの目で見てきた彼の全てが私にはリアルで、そこに誤魔化しは一切無い。私は彼の素晴らしさを知っている。常日頃からいつも翼くんが世界で一番魅力的なアイドルだと思っているし、これからも何一つ変わらず応援する。だからもう一度書くけれど、18日は遠慮せずに堂々といってらっしゃい。

発表を受けて初めてのtobase。彼の選曲は『Journey Journey〜ボクラノミライ〜』

よく〝ファンは選曲に泣く〟とか〝彼の気持ちがわかった〟なんて耳にする。ファンて凄いんだなと思いつつも〝気持ちなんてわかるの?〟と冷めた目でみる自分もいた。だけど今夜はやられた。

立ち止まる暇なんてない

連れていくよ

さぁ この手を 掴め!

 

今井翼よ…やるときゃやるな!!!!